オペ室看護師に多い転職理由とは何でしょか?

オペ室看護師 > オペ室看護師の転職理由って何?

オペ室看護師の転職理由って何?

転職する人が多いと言われる看護師ですが、実際どのような理由で転職している人が多いのでしょうか。一番多いと言われるのが、結婚、妊娠、出産、育児です。あえてこれらのことをひとまとめにしましたが、これらはどれも看護師の多い女性にとっては人生のターニングポイントとも言えるビッグイベントです。
Nurse兼六 石川県看護協会

これらは自分の希望や努力だけではどうにもなりません。自分自身はその職場で一生懸命働きたいと思っていても、結婚相手の転勤や妊娠時の体調などによってはそうはいかないことが多々あります。

また、就業先の仕事内容によっては家庭や育児との両立が難しかったり、妊娠中や産後の美容皮膚科看護師には無理なこともあるでしょう。

育児をしながら復職を目指す場合には、同じように育児中の方がいる職場や、育児経験のある人がいて、お互い助け合う雰囲気のあるところがいいですね。しかし、あまりにも子育て中のママさん看護師ばかりだと、休みが取りづらくなってしまうこともあります。
パート看護師の求人仕事はストレスが溜まりやすい?!

比較的身軽で、融通の利きやすい若い看護師とママさん看護師、さらにはベテラン看護師とがバランス良くいる職場だと助かるでしょう。とはいえ、育児を理由にあまりに身勝手な行動はよくありませんので、そのあたりは気をつけたいですね。

転職理由で次に多いので、残業が多い、休みが取れない、夜勤が多い、といった労働時間に関するものです。 多くの病院で看護師が不足する中、一人当たりの看護師にかかる負担は多いと言われています。

負担が多いため看護師が辞める、看護師が辞めるから一人当たりの負担が増す、という悪循環に陥っている病院も少なくありません。これは、個人の力だけではどうしようもない面ではありますが、あまりに心身の負担が多い場合には転職も考えなければならないでしょう。

次には人間関係の問題です。これは働く上での永遠の課題とも言えますが、特に女性が多い看護師の職場では問題となることが多いようですね。新しい就職先での人間関係を知るのは難しいことではありますが、事前に施設に出向いたり、面接時に雰囲気を確認するなどしておきましょう。