看護師の転職活動に必要な期間とは?

オペ室看護師 > 看護師の転職活動期間はどのくらい?

看護師の転職活動期間はどのくらい?

看護師は多くの人が、一度は転職を考えるか、実際に転職をすると言われるほど、転職が盛んな職種です。今も、転職を考えている人は多いでしょう。では、実際看護師の転職活動はどのくらいの期間を目安にすればよいのでしょうか。

転職活動は、やはり時間をかけるに越したことはありません。自分自身の転職の目的を明確にし、それに見合う転職先をじっくりと探し、ピッタリな就職先の求人が出るまで準備をしておく、これができれば理想ですよね。

しかし、現実はそうはいかないことのほうがはるかに多いでしょう。自分自身の転職の目的が明確でもそれに見合った転職先がすぐには見つからないことは多いでしょうし、それまで待てないことだってあると思います。

それでも、転職活動には最低でも3カ月は必要と思ったほうがよいでしょう。今の職場を辞めてからブランクなく、次の職場に就職したいと思うのであれば、辞めたいと思う日の3か月前には転職活動を始めておく必要があるということです。

最初にすることは、自分自身の転職の目的と希望をはっきりさせることです。仕事の内容なのか、給与なのかなどいくつかのポイントを挙げて優先順位をつけましょう。

そして、それに見合った転職先の選定と情報収集、それに伴った応募書類や面接の準備は、はじめの1か月のうちには終わらせておきたいですね。退職予定の2か月前には、内定をもらえると理想です2か月前から1カ月半前というところは、直属の上司に退職の意思を伝えるタイミングでもあります。

この時点で、次の就職先は決めておきましょう。そうでなければ、退職の意思を伝えたのに、内定をもらえず、退職の取り消しなどとなると、その後非常にやりにくくなってしまいます。1か月前には、職場の人には退職のことを伝えなければなりません。

こう考えると、3か月でも結構バタバタとした感じになってしまいます。少しでも転職したと思うのであれば、すぐに行動したほうがいいでしょう。