看護師の勤務体系の実際 - 交代制や休日に関して

オペ室看護師 > 看護師の勤務体系について

看護師の勤務体系について

看護師の仕事につきものなのが夜勤。職場によってその内容は異なります。3交代制の所が多かったですが、最近は2交代制という所も出てきており、一見2交代制の方が大変そうにも思えますが、実際は人による所があります。

3交代制では一般的な体系の職場だと8時から16時、16時から24時、0時から8時という区切りになり、2交代制だと12時間区切りの所もありますが、日勤は8時間、夜勤は16時間など、職場の状況に合わせられている場合も多いです。

最近では2交代の職場の方が増えています。看護師の方でも、2交代制の方が休みが多くなって嬉しいし働きやすいという理由で、意外に2交代制の方を希望する方というのも多くなっています。転職の際には自分の体とも相談して職場を選ぶと良いでしょう。

2交代制の方が夜勤手当はもちろん多くなり、3交代制での夜勤手当は平均で4000円、2交代制では1万円ほどとなっています。2交代制は収入面でも大きなメリットがあります。

また、休日についても週休2日というのが難しい場合もあります。ただし、8日の休みが取れる事は約束していて、4週8休という体系になっている所はよくあります。

看護師だけでなく、医療関連の職種についてはこういった勤務体系になっている職場は多いです。頑張る時は頑張って、休む時はしっかり休むというメリハリを付ける事もできますが、やはり休みがない日が続くと体力的に大変な時も出てきます。

このように勤務体系は、病院のどうしても状況に合わせて臨機応変に対応しないといけない関係上、変則的な勤務になる事が多く、職場によってそのルールは異なっています。もちろん無理をして体を壊しては本末転倒なので、体力的に難しい場合は職場とも相談してみましょう。

また、過度になりすぎていると感じるのであれば転職を検討するのも一つの手段です。余裕を持って働ける職場もあるのでしっかりと自分に合った職場選びをする事が大切です。